スマホの通信料は平均どれぐらい?通信料を安くする方法・確認方法を紹介

節約

スマホの通信料は普通どれぐらいなのか、気になっている方もいるかもしれません。特に請求額が思ったより高額なときは、スマホを使いすぎているのか不安を感じることもあるでしょう。

毎月のスマホ料金が平均額を大きく上回るなら、プランや使い方の見直しも検討したいところです。ぜひ平均額や節約方法をチェックしていきましょう。

本記事では、スマホの通信料の平均額や、通信料などが高くなる理由、安くする方法を紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事サマリー

スマホの通信料・機種代金の平均はどれぐらい?

総務省の2023年の家計消費状況調査※によると、世帯人員別の毎月のスマートフォンなどの通信料・通話料の平均額、および機種代金の平均額は、それぞれ次のとおりです。

世帯人員スマートフォンなどの通信・通話使用料(携帯電話・PHSなどを含む)スマートフォン・携帯電話・PHSの本体価格
1人5,301円863円
2人8,477円1,161円
3人12,877円1,904円
4人15,006円2,480円
5人16,942円2,545円
6人20,641円2,968円

※出典:2023年の家計消費状況調査(総務省)

毎月のスマホなどの通信料・通話料の平均額は、世帯人員1人なら5,301円、2人なら8,477円、3人なら12,877円、4人なら15,006円です。特に平均を大きく上回っている場合は、スマホの料金プランや使い方の見直しも検討してみましょう。

スマホの通信料を確認する方法

毎月のスマホ料金は、携帯電話会社の会員ページやアプリなどから確認できます。

たとえば、ドコモの場合は、My docomo、アプリ、電話などから料金の確認が可能です。「料金明細送付サービス」に申込みすると、料金について書面での交付も受けられます。

スマホの通信料などが高くなる理由

スマホの通信料や通話料などが高くなる理由としては、主に以下が挙げられます。

  • 大容量のプランを契約している
  • 不要なオプションの契約
  • 長電話をすることが多い
  • 機種代金が高い

通話やギガを使いすぎているなら、スマホの使い方を見直すことで料金を節約できる可能性があります。

また、必要以上に大容量のプランを契約している、不要なオプション契約があるなど、契約内容がご自身のスマホの使い方に合っていない場合には、契約の見直しで安くなる可能性があります。

次の章でスマホ料金の節約方法を具体的に見ていきましょう。

スマホの通信料などを安くする方法

イメージ

スマホの通信料などを安くする方法としては、具体的には以下が挙げられます。

  • 料金プランを変更する
  • 不要なオプションを解約する
  • 通話の使い方を見直す
  • Wi-Fiを契約する

料金プランを変更する

必要以上に大容量のプランを契約していて、料金が高額になっているケースがあります。

過去の月のデータ通信量は、携帯電話会社の会員ページから確認が可能です。過去のデータ通信量と、毎月利用できるギガ数を見比べて、ギガが余り過ぎている場合には、より安く利用できる低料金のプランへ変更しましょう。

また、本格的に料金プランを見直すなら、他社への乗り換えも選択肢です。他社のプランも含めて検討すると、さらに安く利用できる可能性があります。

不要なオプションを解約する

不要なオプションがあれば、解約を進めましょう。料金プランを契約するタイミングでは必要だったオプションも、期間を経て不要になっている可能性があります。

たとえば、利用していない動画・音楽コンテンツ提供サービスを、料金だけ支払っているケースもありますので確認しましょう。

オプションの確認や解約手続きは、携帯電話会社の会員ページから可能です。

通話の使い方を見直す

長電話や頻繁な電話を減らすことで、通話料金の節約が可能です。従量課金の通話は、通話時間が長くなるほど、料金が高くなります。

また、通話時間を減らすのが難しい場合は、かけ放題などのオプションに加入することで、オプション料金以上に節約できることがあるので検討してみましょう。

Wi-Fiを契約する

自宅にWi-Fi環境がない場合は、光回線やホームルーターを契約してスマホ料金を節約する方法もあります。

Wi-Fiの料金の支払いが必要ですが、たとえば家族そろってスマホ料金が安くなれば、通信費全体として節約できる可能性があります。一人暮らしの場合も、自宅で気兼ねなく通信できるメリットも考えると、検討の価値はあります。

なお、契約するインターネット回線によっては、スマホ料金へのセット割引が適用できるので、ぜひ注目しておきましょう。

スマホの通信料を節約するなら「home 5G」がおすすめ

Wi-Fiでスマホの通信料を節約するなら「home 5G」がおすすめです。

「home 5G」なら、コンセントに挿すだけで、5G高速通信対応※1のWi-Fi環境を自宅に導入できます。工事不要で、機器を受け取ったその日からWi-Fiが利用可能です。

通信速度は、5G接続時で最大4.2Gbps※2※3、4G接続時で最大1.7Gbps※2※3に対応しています。

なお、「home 5G」を契約すると、ドコモのご家族全員のスマホ料金に永年最大1,100円(税込)/月割引※4※5が適用可能です。ドコモユーザーはWi-Fiに「home 5G」を選ぶことで、毎月のスマホ料金が節約できます。

「home 5G」の月額料金や初期費用は、以下の表よりご確認ください。

月額料金home 5Gプラン:4,950円(税込)
機種代71,280円(税込)
初期費用契約事務手数料3,850円(税込)
(オンラインショップは無料)
契約期間定期契約なし
データ容量無制限※6
購入先ドコモオンラインショップ
ドコモショップ
量販店

※1 5Gの提供エリアは一部に限られます。エリアの詳細は「ドコモのホームページ」の「サービスエリアマップ」でご確認ください。なお、本サービスは4Gエリアでもご利用になれます。
※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。
※3 LANケーブル接続時は受信時最大2.5Gbps、Wi-Fi接続時は受信時最大で4.8Gbps(いずれも技術規格上の最大値)。機器接続時の通信速度は、お客さまの通信環境と接続機器の規格により異なります。
※4 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。
※5 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。
※6 データ利用量が特に多い場合は、速度制限や通信が中断されることがあります。

工事不要のホームルーター「home 5G」
「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
home 5Gを購入する

※1 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

スマホの料金プランを見直すなら「ahamo」がおすすめ

ドコモの料金プラン「ahamo」では、月額2,970円(税込)で毎月20GBが利用可能です。シンプルワンプランで、迷わずプランが選べます。5分以内の通話は、オプションなしで何度でも無料です※。

また、80GBが追加できる「大盛りオプション」(1,980円(税込))を追加すれば、月額4,950円(税込)で毎月100GBの利用も可能です。大容量が必要な方も、たっぷりと通信が利用できます。

※ 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

「ahamo」について詳細はこちら

スマホの通信料を見直して上手に節約しよう

2023年の家計消費状況調査によると、毎月のスマホなどの通信料・通話料の平均額は、世帯人員1人なら5,301円、2人なら8,477円、3人なら12,877円、4人なら15,006円です。

スマホの通信料などを安くする方法としては、プラン変更、不要なオプションの解約、通話の使い方の見直し、Wi-Fiの契約などが挙げられます。毎月のスマホ料金が平均額を大きく上回っている場合などは、ぜひ料金プランや使い方を見直してみましょう。

工事不要のホームルーター「home 5G」
「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
home 5Gを購入する

※1 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

「ahamo」について詳細はこちら

※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

工事不要!コンセントに挿すだけ。データ無制限! 工事不要!コンセントに挿すだけ。データ無制限!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

※「おうちネットプレス」は、株式会社NTTドコモの商標です。