無線LANアクセスポイントの比較方法は?Wi-Fiルーターや中継器との違いも紹介

通信ノウハウ

ご家庭で無線LANアクセスポイントを導入する際に、「何を基準に良し悪しを判断すれば良いかわからない」とお困りの方も多いでしょう。

そこで、本記事では、無線LANアクセスポイントを比較する際に着目すべき点を解説していきます。あわせて、Wi-Fiルーターや中継器との違いもご紹介します。無線LANアクセスポイントの選び方を知りたい方は、最後までご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事サマリー

無線LANアクセスポイントとは?

「無線LAN」とは、建物内の限定されたエリアの中でやり取りされる、無線の「ローカルネットワーク」です。よく耳にする「Wi-Fi」は、無線LANの世界的標準として世に広く浸透しています。

また、「無線LANアクセスポイント」は、無線LANの電波を送受信する機能を持つ機器で、パソコンやスマホで無線通信する際に欠かせません。「アクセスポイント」や「Wi-Fiアクセスポイント」と呼ばれることもあります。

なお、無線LANアクセスポイント単体ではインターネットに接続ができないため、間にルーターを介して使用する必要があります。

無線LANアクセスポイントはWi-Fiルーターと異なる

無線LANアクセスポイントとWi-Fiルーターは混同しがちですが、それぞれ別の役割を担っています。

無線LANアクセスポイントは、ローカルネットワークを構築して、ネットワーク内部で電波の受発信を行う役割を担います。先述のように、アクセスポイント単体ではインターネットに接続できません。

一方、Wi-Fiルーターは、ルーターとアクセスポイントの両方の機能を備えているため、1台でインターネットにつなぐことができます。ルーターとは、複数のデバイスをインターネットにつなぐ機器で、ONU(回線終端装置)につないで使用します。

無線LANアクセスポイントと中継器の違い

無線LANアクセスポイントはローカルネットワークを構築する装置ですが、構築した環境をさらに拡張させる装置が中継器です。中継器は、電波をより広範囲に届ける際に使用されます。

たとえば、広い建物内で無線LANを利用する場合は、アクセスポイントから離れた場所には電波が届きにくく、快適にインターネットを利用することができません。このケースでは、アクセスポイントと部屋の中間に中継器を設置することで、離れた部屋にも電波を届けることができます。

中継器の概要は、以下の記事でくわしく解説しています。

「中継器とは?Wi-Fiルーターとの違いや利用するメリット、選び方などを解説」

無線LANアクセスポイントを比較するときに見るべきポイント

無線LANアクセスポイントを比較する際には、以下のポイントに注目しましょう。

  • 通信規格
  • 最大同時接続台数
  • 設置環境
  • セキュリティ
  • 管理のしやすさ
  • サポート

各詳細について、次の項からひとつずつ解説していきます。

通信規格

「通信規格」は、通信速度やつながりやすさなど、通信の安定性を判断する目安になります。インターネットを利用するシチュエーションに合わせて規格を選ぶと良いでしょう。

たとえば、ゲームや動画視聴、大きなデータの送受信などを頻繁に行う機会がある方であれば通信規格が5GHz帯のものが良いと言われています。高速通信をストレスなくスムーズに行いたい方にぴったりです。

また、対応機種の多さで選ぶなら通信規格が2.4GHz帯のものが便利です。扉や壁を間に挟んでも電波が届きやすいため、自宅の間取りや設置場所に応じて検討してみてください。

最大同時接続台数

無線LANアクセスポイントには、同時接続可能な推奨台数が決められています。規定の台数を超えると、通信速度が遅くなるなど悪影響をおよぼす可能性があるため注意が必要です。

ご家庭全員で使う場合や、単身でもIoT家電を利用している方は、同時に接続する台数がどのくらいあるか数えた上で、適切な機器を選びましょう。

設置環境

無線LANアクセスポイントを、「屋内」か「屋外」いずれに設置するかで、選ぶ機種の特性も変わります。

屋外に設置する場合は、雨風に晒されても耐えうる性能を備えたものや、防塵対策がなされた機器を選びましょう。

セキュリティ

セキュリティは、機密情報の保護に関わる重要な項目です。「暗号化」や「認証」など、基本的な機能が網羅されているかどうかは、事前に確認しておくことをおすすめします。

なお、どれだけセキュリティ機能が充実した機器を選んでも、簡単なパスワードを設定するなど不適切な使い方をすると、外部から通信内容を盗み見られる危険性があります。「自宅だから大丈夫」と油断せずに、適切なパスワード設定と管理を行いましょう。

管理のしやすさ

導入後も安定した通信環境の維持を目指すため、管理のしやすさは大切な要素のひとつです。

特に、法人で複数のアクセスポイントを管理する場合には、クラウド型のアクセスポイントが便利です。クラウドアクセスポイントは、パスワードの更新やデバイスの再起動をクラウド上で管理・操作できるため、急なトラブルにもすぐに対応できます。

サポート

メーカーによって、サポートの有無や内容が異なります。特に、オンラインで購入する場合や機器の操作に自信のない方は、日本語のサポートや電話窓口の有無を確認しておくと良いでしょう。

ほかにも、保証期間や対応速度、サービスの充実度を基準にチェックしてみてください。

無線LANアクセスポイントの選び方は価格だけではない

無線LANアクセスポイントは「高価なものほど良い」と単純な話ではなく、使用するシーンに合わせた選択が重要です。しかし、高機能なものは費用がかさみ、場合によってはオーバースペックになる可能性もあります。

ここでは、無線LANアクセスポイントの適切な選び方を紹介します。

ライフスタイルに合った無線LANアクセスポイントを選ぶ

まずは、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

たとえば、一般的なご家庭で使う場合は、家庭用のアクセスポイントで十分必要な役割を果たせます。自宅が広い場合は、必要に応じて中継器を組み合わせると良いでしょう。

テレワークで機密性の高い情報を扱う場合や、個人事業主が自宅兼オフィスとして使う場合などは、業務用のアクセスポイントを選ぶことをおすすめします。業務用のアクセスポイントは、保証期間が長いことやセキュリティ機能が充実している点で家庭用と異なり、よりあんしんして使うことができます。

利用シーンに応じて、適した無線LANアクセスポイントを選ぶことが重要です。

多機能型の無線LANルーターも要チェック

無線LANルーターは複数の機能を備えたものも多く、モードを切り替えるだけでアクセスポイントとして使うこともできます。そのほか、ファイアウォール・小型イーサネット スイッチの機能も兼ね備えた機器もあります。

家が狭く多くのスペースを確保できない場合や、配線計画が苦手な方、機器の汎用性を重視する方は、無線LANアクセスポイントの機能を備えた無線LANルーターを選ぶことも一手です。

無線LANアクセスポイントは価格以外にも注目して比較しよう

通信環境の見直しで、無線LANアクセスポイントの導入を予定している方は、光回線やホームルーターの乗り換えも合わせて検討すると良いでしょう。

「ドコモ光」には、最大通信速度10Gbpsの「ドコモ光 10ギガ」もあり高速通信を希望する方にうってつけです。さらに、「ドコモ」が提供する「home 5G」は工事不要で手軽に自宅でインターネットを利用できます。

「ドコモ光」のメリットは、主に以下が挙げられます。

  • 超高速の10ギガプランがある
  • 通信制限がないのであんしんして使える

光回線の一般的な通信速度は、1Gbpsです。これはほかのインターネット接続手段と比べると十分な速さですが、「ドコモ光」には最大通信速度10Gbpsの「ドコモ光 10ギガ」もあります。そのため、高速通信環境を構築したい方には、「ドコモ光 10ギガ」がおすすめです。現在の提供エリアは、こちらからご確認いただけます(提供エリアは順次拡大予定)。

光回線は通信制限がない場合が多く、「ドコモ光」も通信制限を設けていません※1。そのため、動画の視聴やゲームなど大容量のデータをダウンロードしやすくなります。

高速で快適なインターネット環境を構築したい方は、ぜひ「ドコモ光」の利用を検討してみてください。

※1ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。

「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から
永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
「ドコモ光」の申し込み
・無料相談をする

※1 「ドコモ光」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

さらに、ホームルーターをお探しの方には「ドコモ」の「home 5G」がおすすめです。「home 5G」の特徴は、主に以下のとおりです。

  • 使用データ量無制限
  • 工事不要で利用可能
  • 契約期間の縛りがない
  • スマホとセット割ができる

月間の使用データ量に制限があると、使いすぎた場合に速度制限がかかることもありますが、「home 5G」はデータ量無制限※2なので、通信量を気にせずにインターネットを利用できます。在宅ワークなどで通信量の多いデータやファイルを頻繁に送受信する場合もあんしんです。

光回線を利用するためには工事を行う必要がありますが、「home 5G」はホームルーターなので工事不要で、ご契約後に自宅のコンセントに挿すだけでWi-Fiを利用できます。また、ホームルーター(HR02)※3は最大受信速度4.2Gbps(ベストエフォート形式)※4 ※5、5G高速通信対応 ※6です。

月額料金home 5Gプラン:4,950円(税込)
機種代71,280円(税込)
初期費用契約事務手数料3,850円(税込)
(オンラインショップは無料)
契約期間定期契約なし
データ容量無制限
購入先ドコモオンラインショップ
ドコモショップ
量販店

※2データ利用量が特に多い場合は、速度制限や通信が中断されることがあります。
※3ご登録いただいた住所以外ではお使いになれません。
※4通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。
※5 LANケーブル接続時は受信時最大2.5Gbps、Wi-Fi接続時は受信時最大で4.8Gbps(いずれも技術規格上の最大値)。機器接続時の通信速度は、お客さまの通信環境と接続機器の規格により異なります。
※6 5Gの提供エリアは一部に限られます。エリアの詳細は「ドコモのホームページ」の「サービスエリアマップ」でご確認ください。なお、本サービスは4Gエリアでもご利用になれます。

快適なインターネット環境を構築したいとお考えの方は、ぜひ「ドコモ」の「home 5G」を検討してみてください。

工事不要のホームルーター「home 5G」
「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
home 5Gを購入する

※1 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

無線LANアクセスポイントは価格以外にも注目して比較しよう

イメージ

無線LANアクセスポイントを比較する際には、価格のほかにも重要なポイントがあります。単純に、値段が高いものほど良いわけではなく、ライフスタイルに合った機能を備えたものを過不足なく選ぶことが重要です。

ご家庭の通信環境を見直したい方は、光回線やホームルーターにも着目すると良いでしょう。高速通信を叶える「ドコモ光」や、工事不要で使える「ドコモ」の「home 5G」は、スムーズにインターネットを楽しみたい方にぴったりです。

「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から
永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
「ドコモ光」の申し込み
・無料相談をする

※1 「ドコモ光」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

工事不要のホームルーター「home 5G」
「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
home 5Gを購入する

※1 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

工事不要!コンセントに挿すだけ。データ無制限! 工事不要!コンセントに挿すだけ。データ無制限!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

※「おうちネットプレス」は、株式会社NTTドコモの商標です。