Wi-Fiルーターの設置方法とは?最適な場所や注意点もわかりやすく解説

通信ノウハウ

光回線を導入する場合、ONU(光回線終端装置)は工事の際に業者が設置しますが、Wi-Fiルーターはご自身で設置するケースが一般的です。状況によっては派遣工事がなく、ONUを含めた機器の設置をご自身でするケースもあります。

そのとき、「自分でWi-Fiルーターを設置できるのだろうか」「どこに設置すれば良いのだろう」と、不安や疑問を感じる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、Wi-Fiルーターの設置方法を解説します。Wi-Fiルーターの設置に適した場所、設置の際の注意点にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事サマリー

Wi-Fiルーターの設置方法

Wi-Fiルーターは、次の流れで設置します。

  1. 設置の準備をする
  2. Wi-Fiルーターを接続する
  3. 初期設定を行う

必要な準備を行って、正しく設置しましょう。

①設置の準備をする

Wi-Fiルーターの設置で行う主な準備は、次のとおりです。

  • Wi-Fiルーターを梱包されている箱から出す
  • 同梱されている取扱説明書に目を通す
  • 回線に接続しているONUやモデムの電源を切る

Wi-Fiルーターが梱包されている箱には、Wi-Fiルーター本体のほか、付属品や取扱説明書、セットアップガイドなどが同梱されています。

まず、Wi-Fiルーター本体を取り出して、ACアダプタやLANケーブル、スタンドなどの付属品が間違いなく入っているか確認しましょう。取扱説明書やセットアップガイドなどに目を通しておくと、その後の設置に役立ちます。

なお、Wi-Fiルーターは、電源を切った状態で接続します。接続の前に、インターネット回線につながっているONUやモデムの電源も切っておきましょう。回線によっては、電源をOFFにした後、しばらく待つ必要がある場合もあります。

②Wi-Fiルーターを接続する

ONUやモデムの電源を切ったら、LANケーブルでWi-Fiルーターと接続します。LANケーブルで接続する一般的な手順は次のとおりです。

  1. ONUまたはモデムのLANポートに、LANケーブルの端子を挿し込む
  2. Wi-Fiルーターの青色のポートに、LANケーブルのもう一方の端子を挿し込む
  3. Wi-FiルーターとACアダプタをつなぎ、電源プラグをコンセントに挿して電源を入れる
  4. ONUまたはモデムの電源プラグをコンセントに挿して電源を入れる

手順を行って電源をONにしたら、各機器が起動するまでしばらく待ちましょう。その後、それぞれのランプが正常に点灯しているかを確認します。機種により違いはありますが、通常、緑点灯が正常な状態です。

なお、マンションやアパートの場合、共有スペースから部屋までLANケーブルで配線され、ONUやモデムが設置されていないケースがあります。その場合はLANコネクタが部屋に設置されるので、Wi-Fiルーターを直接LANコネクタと接続しましょう。

③初期設定を行う

Wi-Fiルーターを接続して通信できる状態となったら、インターネットとつなぐための初期設定を行いましょう。初期設定は機種で違いがあるので、取扱説明書を確認の上で行ってください。

なお、スマホやパソコンをWi-Fiルーターと接続する際には、SSID(接続するWi-Fiネットワークの名称)とパスワード(暗号化キー)が必要です。SSIDとパスワードは、Wi-Fiルーター本体の裏面や背面に記載されています。

Wi-Fiルーターに適した置き場所は?

Wi-Fiは、ワイヤレスでさまざまなデバイスを接続できる便利な機能です。Wi-Fiルーターは次の場所に設置すると、より快適にインターネットを楽しめます。

  • 床から1~2mの高さ
  • 家の中心の近く
  • 電源コンセントの近く
  • ONUやモデムの近く

Wi-Fiの電波は、通常、ルーター本体から360°方向へ発信されます。電波を各部屋に効率良く届けるには、家の中心の近くで床から1~2mの高さ(たとえば、棚やサイドチェストの上など)の場所がおすすめです。

また、Wi-Fiルーターは電源コンセントやONUとケーブルで接続します。配線のしやすさを考えると、電源コンセントやONUの近くもWi-Fiルーターの設置に適した場所です。

Wi-Fiルーターを設置するときの注意点

イメージ

Wi-Fiルーターを設置するときは、次の点に注意しましょう。

  • 電波を出す家電製品の近くに設置しない
  • ラックや棚のなか、壁の近くに置かない
  • カバーや布で覆わない

それぞれの注意点を詳しく解説します。

電波を出す家電製品の近くに設置しない

Wi-Fiルーターは、電波が発生する家電製品の近くに設置しないでください。Wi-Fiで使用される2.4GHzの電波は、家電製品でも使われています。電波干渉により、Wi-Fiの通信が不安定となる可能性があるため注意しましょう。

たとえば、電子レンジやBluetooth🄬機器、ヘアドライヤーや炊飯器、ワイヤレスカメラやワイヤレス充電器などは電波干渉を起こしやすい家電製品です。気になるときは、電波干渉の有無を確認できるスマホアプリなどを利用してみましょう。

ラックや棚のなか、壁の近くに置かない

電波は、金属や建物などにぶつかると反射します。また、紙や木、ガラスは通過しますが、通過するごとに電波が弱まる点も特徴です。

電波の性質上、Wi-Fiルーターを金属ラックや本棚のなか、壁の近くや部屋のすみに設置するのは避けましょう。電波は水に吸収されやすいので、水槽や花びんの近くも不向きです。

カバーや布で覆わない

Wi-Fiルーターのホコリや汚れが気になるからといって、本体をカバーや布で覆わないでください。

Wi-Fiルーターは基本的に常時電源を入れて使用するので、カバーをかけると熱がこもりやすくなり、不具合の原因となり得ます。カバーや布が電波を遮る要因となる場合もあり、おすすめできません。

手軽にWi-Fiを使いたいときはホームルーターも検討してみよう

Wi-FiルーターはONUやモデムなどとLANケーブルで接続しなければなりません。ご自身で設置する手間をかけたくない場合は、ホームルーターを利用する方法がおすすめです。

ホームルーターは工事不要で、コンセントに挿すだけでWi-Fiを使えます。モバイル回線で通信するため、LANケーブルで回線と接続する必要はありません。データ量無制限※で、ご家族のスマホやテレビなど複数台の同時接続にも対応しています。

「ドコモ光」では、ホームルーターの「home 5G」を提供しています。気軽にWi-Fiを使いたい方に、「home 5G」はぴったりなサービスです。

※ データ利用量が特に多い場合は、速度制限や通信が中断されることがあります。

ホームルーターなら5G高速通信対応の「home 5G」がおすすめ

「home 5G」は、「ドコモ光」が提供するホームルーターです。5G対応ホームルーター(HR02)※1は、最大受信速度4.2Gbps(ベストエフォート形式)※2 ※3、5G高速通信対応 ※4の環境でWi-Fiを利用できます。

ホームルーターが届いたら、dアカウントを登録後、SIMカードを挿入してコンセントに挿し込めばWi-Fi環境が整います。固定回線と比較すると必要な手順が少なく、工事も不要なのでとても便利です。

コンセントのある場所ならどこでも設置できるため、家の中心近くやWi-Fiをよく利用する部屋など、設置場所を柔軟に選べるメリットがあります。

また、「home 5G」と「ドコモのスマホ」をセットで契約すると、ご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月※5※6が割引されます。スマホとWi-Fiの両方を使いたいけれど、通信費全体は抑えたい方におすすめのサービスです。

「home 5G」の詳細は、以下の表をご確認ください。

月額料金home 5Gプラン:4,950円(税込)
機種代71,280円(税込)
初期費用契約事務手数料3,850円(税込)
(オンラインショップは無料)
契約期間定期契約なし
データ容量無制限※7
購入先ドコモオンラインショップ
ドコモショップ
量販店

※1 ご登録いただいた住所以外ではお使いになれません。
※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。
※3 LANケーブル接続時は受信時最大2.5Gbps、Wi-Fi接続時は受信時最大で4.8Gbps(いずれも技術規格上の最大値)。機器接続時の通信速度は、お客さまの通信環境と接続機器の規格により異なります。
※4 5Gの提供エリアは一部に限られます。エリアの詳細は「ドコモのホームページ」の「サービスエリアマップ」でご確認ください。なお、本サービスは4Gエリアでもご利用になれます。
※5 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※6」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。
※6 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。
※7 データ利用量が特に多い場合は、速度制限や通信が中断されることがあります。

工事不要のホームルーター「home 5G」
「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
home 5Gを購入する

※1 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

Wi-Fiルーターの設置方法を知ってネット利用に役立てよう

Wi-Fiルーターを設置するときは、ONUやモデムとLANケーブルでつなぎ、接続設定を行います。Wi-Fiルーターは電波でスマホやパソコンと接続するので、設置場所に注意しましょう。

「ケーブルでの接続が面倒」「気軽にWi-Fiを使いたい」と感じる場合は、「home 5G」をご検討ください。「home 5G」は5G高速通信対応の環境で、Wi-Fiをより快適に利用したい方におすすめのサービスです。

※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
※「Bluetooth」は、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標であり、株式会社NTTドコモはライセンスを受けて使用しております。

工事不要のホームルーター「home 5G」
「ドコモのスマホ」ならご家族全員のスマホ料金から永年最大1,100円(税込)/月割引!※1
home 5Gを購入する

※1 「home 5G」契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「eximo※2」「irumo(0.5GBを除く)」の契約者が対象です。「はじめてスマホプラン」「U15はじめてスマホプラン」は対象外です。同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「ドコモ光セット割」が適用されます。また、「ドコモ光ミニ」「home 5G プラン」の両方が存在する場合は、「home 5G セット割」が適用されます。月額料金が日割り計算となる場合は、割引額も日割り計算となります。

※2 「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」も対象となります。「5Gギガライト/ギガライト(1GB超~3GB)」は550円(税込)/月を割引します。また「5Gギガライト」「ギガライト」のご契約で、ご利用データ量が1GB以下の場合は対象外となります。

工事不要!コンセントに挿すだけ。データ無制限! 工事不要!コンセントに挿すだけ。データ無制限!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

※「おうちネットプレス」は、株式会社NTTドコモの商標です。